三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

102

インフラ構築:JobArrangerforZabbix:2.初期設定-サーバー-PostgresSQL

インフラ構築/JobArrangerforZabbix/2.初期設定-サーバー-PostgresSQL

・ZabbixとJobArrangerは同一サーバとします。
・JobArrangerは検証した際のバージョン(jobarranger-server-postgresql-5.0.0-1.el8.x86_64.rpm)で記載しています。

JobArrangerのインストール

ZabbixデータベースにJob Arrangerの初期データをインポートします。

#psql -U zabbix zabbix(DBユーザ zabbixデータベース名)
psql -U zabbix zabbix < /usr/share/doc/jobarranger-server-postgresql/database/postgresql/PostgreSQL_JA_CREATE_TABLE.sql
psql -U zabbix zabbix < /usr/share/doc/jobarranger-server-postgresql/database/data/JA_INSERT_TABLE.sql

jobarrangerの設定ファイル編集

zabbixデータベース名とDBユーザを設定します。

vi /etc/jobarranger/jobarg_server.conf

#変更前
DBName=

DBUser=

#変更後
DBName=[zabbixデータベース名]

DBUser=[DBユーザー]

Jobmonitorの設定ファイル編集

zabbixと連携する設定を入れます。
※ジョブネットが予定通り投入されなかったときに、zabbixに通知を上げる。

vi /etc/jobarranger/jobarg_monitor.conf

#変更前
# DBName=

# DBUser=

#変更後
DBName=[zabbixデータベース名]

DBUser=[DBユーザー]

JobArrangerサーバーとJobmonitorエージェントのプロセスを開始

systemctl restart jobarg-monitor jobarg-server
systemctl enable jobarg-monitor jobarg-server

インフラ構築/JobArrangerforZabbix/2.初期設定-サーバー-PostgresSQL.txt · 最終更新: 2021/01/20 by admin