三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

355

インフラ構築:RHEL8:12.init起動サービス

インフラ構築/RHEL8/12.init起動サービス

init起動サービス設定方法

#変更
chkconfig [サービス名] [off/on] [ランレベル0-6]

#適用
reboot

#確認
chkconfig --list
chkconfig --list [サービス名]

init起動サービス設定詳細

choose_repo

/etc/yum.repos.d/redhat-rhui-client-config.repoをenabled=1とする動きをする。
/etc/yum.repos.d/redhat-rhui-client-config.repoには、awsのCustom Repositoriesが指定されている。
awsのCustom Repositoriesをリポジトリ先として利用しない場合は、以下の通りoffとする。(journalctl -le | grep choose_repoしたらようやく解った)

#社内独自のリポジトリを利用する場合は下記の対応を、それ以外は変更不要
chkconfig choose_repo off 2345

※上記設定をした場合は、下記ページを参考にしてリポジトリ設定の有効/無効を切り替えること。
https://aws.amazon.com/jp/partners/redhat/faqs/#Functionality
Q: Amazon Virtual Private Cloud (VPC) で Amazon EC2 での Red Hat Enterprise Linux インスタンスを作成した場合、Red Hat Update Infrastructure (RHUI) にアクセスするにはどのようにすればよいですか?

rh-cloud-firstboot

もともと全てoff変更不要

初期値

choose_repo     0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
rh-cloud-firstboot      0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off

インフラ構築/RHEL8/12.init起動サービス.txt · 最終更新: 2021/01/05 by admin