三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

180

インフラ構築:RHEL8:13.ファイルシステム-fstab

インフラ構築/RHEL8/13.ファイルシステム-fstab

/etc/fstab設定

#設定
vi /etc/fstab

#オプション確認
mount
mount |fgrep /dev/xvda2   #デバイス指定して絞り込み

#追加オプション確認
mount -o remount,rw,[追加オプション] -t xfs UUID=[UUID] /
mount: /: mount point not mounted or bad option.      #マウントできない書式の場合はエラーが出る。

/etc/fstab設定詳細

・RHEL8のdefaultsは、rw,relatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota
・RHEL8では、nobarrierオプションを利用できない?らしいhttps://access.redhat.com/solutions/5315771
・noatimeを設定した場合は、nodiratimeは効果がないらしい

#変更前
UUID=949779ce-46aa-434e-8eb0-852514a5d69e / xfs defaults 0 0

#変更例1
UUID=949779ce-46aa-434e-8eb0-852514a5d69e / xfs rw,noatime,seclabel,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquota 0 0

#変更例2 relatimeよりnoatimeが優先されrw,noatime,attr2,inode64,logbufs=8,logbsize=32k,noquotaとなる。
UUID=949779ce-46aa-434e-8eb0-852514a5d69e / xfs defaults,noatime 0 0


https://bose999.hatenablog.com/entry/20150102/1420209548
https://dev.classmethod.jp/articles/rdbms-in-the-cloud-postgresql-on-aws/
https://wiki.archlinux.jp/index.php/Fstab

※/etc/fstabの記載を過ったらこちら
インフラ構築/RHEL8/90.ナレッジ#etcfstabの書き方を過った

初期値

#
# /etc/fstab
# Created by anaconda on Sat Oct 31 05:00:52 2020
#
# Accessible filesystems, by reference, are maintained under '/dev/disk/'.
# See man pages fstab(5), findfs(8), mount(8) and/or blkid(8) for more info.
#
# After editing this file, run 'systemctl daemon-reload' to update systemd
# units generated from this file.
#
UUID=949779ce-46aa-434e-8eb0-852514a5d69e /                       xfs     defaults        0 0

インフラ構築/RHEL8/13.ファイルシステム-fstab.txt · 最終更新: 2021/01/07 by admin