三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

377

インフラ構築:RHEL8:3.OS基本設定

インフラ構築/RHEL8/3.OS基本設定

OS基本設定

NetworkManagerのインストール

NetworkManagerが入っていない場合はインストールする。

#NetworkManagerの確認
systemctl status NetworkManager
yum list installed | grep NetworkManager

#NetworkManagerの起動/有効化
systemctl start NetworkManager
systemctl enable NetworkManager

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/8/html/8.0_release_notes/deprecated_functionality

ホスト名の設定

#設定
hostnamectl --static set-hostname [ホスト名]

#確認
hostnamectl status
cat /etc/hostname

※AWSでは、AMIからのリストアを考慮して「/etc/hosts」は変更しない。
なお、「/etc/authselect/nsswitch.conf」にある通り「/etc/hosts」に書かないことから、DNSに問合せをしてしまう。

ロケール設定

#設定
localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 #JP
localectl set-locale LANG=en_US.UTF-8 #US

#反映
source /etc/locale.conf

#確認
localectl status

※「ja_JP.UTF-8」と設定すると、コマンド実行の際に「Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8」と表示されることがある。
日本語パッケージが入っていないことが原因のようなので「yum -y install langpacks-ja」で日本語パッケージをインストールする。
https://qiita.com/takizawafw6o2o/items/d6a15b5ae05d85ae1f41

タイムゾーンの設定

#設定
timedatectl set-timezone Asia/Tokyo #日本
timedatectl set-timezone UTC        #世界標準時

#確認
timedatectl status

起動モード(ランレベル)の設定

#確認
systemctl get-default

#設定
systemctl set-default multi-user.target   #ランレベル3(CLI マルチユーザモード)
systemctl set-default graphical.target    #ランレベル5(GUI マルチユーザモード)

#適用
reboot

インフラ構築/RHEL8/3.OS基本設定.txt · 最終更新: 2020/12/31 by admin