三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

361

スクリプト:Python:株価データダウンロード

Python/株価データダウンロード

はじめに

機械学習用のデータ取得で使用したスクリプトです。
米Yahooファイナンスからデータを取得しています。(良いか悪いかはしらない)
・ダウ平均株価
・日経先物株価
・予測したい銘柄の株価

本日~〇日前までのデータ取得をしていています。

スクリプト

"""
株価データをcsvでダウンロードするサンプルスクリプト
"""
import urllib.request
import os
import datetime

look_back = 800          #何日前までのデータを取得するか指定
brand_code = "8267.T"    #予測したい銘柄コードを指定

#本日からlook_backで指定した日数前の日付を取得し、UNIX時間に変換する。時刻は9時を指定
data1 = datetime.datetime.now() - datetime.timedelta(days=look_back)
data1 = data1.replace(hour=9,minute=0,second=0,microsecond=0)
data1 = int(data1.timestamp())

#本日の日付を取得し、UNIX時間に変換する。
data2 = datetime.datetime.now()
data2 = int(data2.timestamp())

#ダウ平均株価の指定期間データをcsv形式でダウンロード
dji_url = "https://query1.finance.yahoo.com/v7/finance/download/%5EDJI?period1=" + str(data1) + "&period2=" + str(data2) + "&interval=1d&events=history"
urllib.request.urlretrieve(dji_url,os.path.join("./", "^DJI.csv"))

#日経先物株価の指定期間データをcsv形式でダウンロード
NIY_url = "https://query1.finance.yahoo.com/v7/finance/download/NIY=F?period1=" + str(data1) + "&period2=" + str(data2) + "&interval=1d&events=history"
urllib.request.urlretrieve(NIY_url,os.path.join("./", "NIY=F.csv"))

#予測したい銘柄コードの指定期間データをcsv形式でダウンロード
brand_url = "https://query1.finance.yahoo.com/v7/finance/download/" + brand_code + "?period1=" + str(data1) + "&period2=" + str(data2) + "&interval=1d&events=history"
urllib.request.urlretrieve(brand_url,os.path.join("./", brand_code + ".csv"))

スクリプト/Python/株価データダウンロード.txt · 最終更新: 2020/08/20 by admin