三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

217

Aws:その他:EC2Launch

Aws/その他/EC2Launch

WindowsOSのインスタンスに入っているEC2Launchの設定です。少しはまったのでメモ

オレオレ推奨設定

設定ポイント

ポイントは以下の2点
・Administrator Password:パスワードは変更されたくないので「Do Nothing」
・InitializeInstance.ps1は起動ごとに実行されるようにする。
※バックアップからリストアした際にInstanceIDが変わってしまうが、メタデータが更新されないようで新しいInstanceIDでssmが動いていなかった。
 直RDPでなく、セッションマネージャ運用の為に気付きました。セッションマネージャ運用のみのシステムは気を付けよう。

設定詳細

下記設定に加え、Powershellから以下のコマンドを実行する。(EC2Launchがインスタンス起動ごとに実行されるようスケジュールする)

C:\ProgramData\Amazon\EC2-Windows\Launch\Scripts\InitializeInstance.ps1 -SchedulePerBoot

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/ec2launch.html#ec2launch-config

設定項目 説明 規定値 推奨値 備考
Set Computer Name Set the computer name of the instance ip-<hex internal IP>.
Disable this feature to persist your own computer name setting.
無効 無効 インスタンスのコンピュータ名を設定しますip- <hex internalIP>。
この機能を無効にすると、独自のコンピューター名設定が保持されます。
Set Wallpaper Overlay instance information on the current wallpaper. 有効 有効 現在の壁紙にインスタンス情報をオーバーレイします。
Extend Boot Volume Extend OS partition to consume free space for boot volume. 有効 有効 OSパーティションを拡張して、ブートボリューム用の空き領域を消費します。
Add DNS Suffix List Add DNS suffix list to allow DNS resolution of servers running in EC2
without providing the fully qualified domain name.
有効 有効 DNSサフィックスリストを追加して、完全修飾ドメイン名を
指定せずにEC2で実行されているサーバーのDNS解決を許可します。
Handle User Data Execute user data provided at instance launch.
Note: This will be re-enabled when running shutdown with sysprep below.
無効 無効 インスタンスの起動時にユーザーデータを実行します。
Administrator Password Random (Retrieve from console) 有効 無効 EC2Launch は、ユーザーのキーを使用してパスワードを生成し、暗号化します。
※InitializeInstance.ps1が実行されると変更される。
Specify (Temporarily store in config file) 無効 無効 EC2Launch は、adminPassword で指定したパスワードを使用します。
パスワードベタ打ちの為、セキュリティ上良くない。
Do Nothing (Customize Unattend.xml for sysprep) 無効 有効 EC2Launch は、unattend.xml ファイルで指定したパスワードを使用します。
※InitializeInstance.ps1が実行されても変更されない。
Sysprep Sysprep is a Microsoft tool that prepares an image for multiple launches. C:\ProgramData\Amazon\EC2-Windows\Launch\Scripts\InitializeInstance.ps1 Sysprepは、複数の起動用にイメージを準備するMicrosoftツールです。
Run EC2Launch on every boot (instead of just the next boot). 無効 無効 次回起動でEC2Launchを実行します。
InitializeInstance.ps1が実行されるがSysprepは実行されない。

InitializeInstance.ps1は何をしているの?

ソースに書いてある文言をそのままGoogle翻訳してみた。なるほどわからんが多分こんな感じ。

項目 説明 多分こんな感じ
0. Wait for sysprep: to ensure that sysprep process is finished. 0. sysprepを待ちます:sysprepプロセスが終了したことを確認します。 sysprepが実行される場合は待ちます
1. Add routes: to connect to instance metadata service and KMS service. 1.ルートを追加します:インスタンスメタデータサービスとKMSサービスに接続します。 環境変数の登録
2. Wait for metadata: to ensure that metadata is available to retrieve. 2.メタデータを待つ:メタデータを取得できることを確認します。 メタデータにアクセス
3. Rename computer: to rename computer based on instance ip address. 3.コンピューターの名前を変更します。インスタンスのIPアドレスに基づいてコンピューターの名前を変更します。 ホスト名の変更
4. Display instance info: to inform user about your instance/AMI. 4.インスタンス情報の表示:インスタンス/ AMIについてユーザーに通知します。 インスタンス情報をコンソールに表示する
5. Extend boot volume: to extend boot volume with unallocated spaces. 5.ブートボリュームの拡張:未割り当てのスペースでブートボリュームを拡張します。 ディスクの未使用領域の拡張
6. Set password: to set password, so you can get password from console 6.パスワードの設定:コンソールからパスワードを取得できるようにパスワードを設定します Administratorのパスワード再設定
7. Windows is Ready: to display “Message: Windows is Ready to use” to console. 7. Windowsは準備ができています:コンソールに「メッセージ:Windowsは使用する準備ができています」を表示します。 左記の記載の通り
8. Execute userdata: to execute userdata retrieved from metadata 8.ユーザーデータの実行:メタデータから取得したユーザーデータを実行します ユーザーデータの実行
9. Register disabled scheduledTask: to keep the script as scheduledTask for future use. 9.無効なscheduledTaskを登録します:将来の使用のためにスクリプトをscheduledTaskとして保持します。 タスクスケジューラにAmazon Ec2 Launchを登録する。
Aws/その他/EC2Launch.txt · 最終更新: 2021/04/20 by admin