三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

194

Aws:Cloudwatch:CloudWatchAgentのインストール-Windows

Aws/Cloudwatch/CloudWatchAgentのインストール-Windows

Windows2019を例にインストール手順を記載します。

インストール

CloudWatchAgentのインストール

コマンドメモ

Windows

cd "C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent"
.\amazon-cloudwatch-agent-config-wizard.exe

# EC2
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -a fetch-config -m ec2 -c file:config.json   #「-s」はcloudwatch-agentの停止/開始するオプション
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -a fetch-config -m ec2 -c ssm:AmazonCloudWatch-xxxxx

.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a stop
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a status
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m ec2 -a start

# オンプレ
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -a fetch-config -m onPremise -c file:config.json   #「-s」はcloudwatch-agentの停止/開始するオプション
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -a fetch-config -m onPremise -c ssm:AmazonCloudWatch-xxxxx

.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m onPremise -a stop
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m onPremise -a status
.\amazon-cloudwatch-agent-ctl.ps1 -m onPremise -a start

デフォルト参照先[C:\Users\Administrator\.aws]配下の資格情報を読み込んでくれない場合の対処法

C:\ProgramData\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\common-config.tomlを編集

###変更前###
# [credentials]
#    shared_credential_profile = "{profile_name}"
#    shared_credential_file = "{file_name}"

###変更後###
[credentials]
shared_credential_profile = "default"
#    shared_credential_file = "{file_name}"

イベントログ

event_nameの指定

監視したいイベントログの[プロパティ]から[フルネーム]の値を指定する。

ログレベル

ULS レベル名 レベル ID イベント ログでの表示 説明
Critical 30 重大 システム管理者がすぐに対処する必要があるイベント。
一般的には、システムまたはアプリケーションなど、グローバル (システム全体) レベルで指定されます。
また、アプリケーションまたはシステムが、失敗あるいは停止したことを示すこともできます。
Error 40 エラー 問題を示すイベント。ただし、このカテゴリのイベントはすぐに対処する必要はありません。
Warning 50 警告 潜在的な問題について事前に警告するイベント。実際のエラーに対する応答ではありませんが、
コンポーネントまたはアプリケーションが理想的な状態ではないこと、
また、さらなるアクションを実行すると重大なエラーにつながる可能性があることを警告します。
Information 80 情報 重大ではない情報を管理者に提供するイベント。“参考までに” というメモと同様の役割を果たします。
Verbose 100 情報 進行状況または成功のメッセージなど、状態に関する詳細情報です。

wizard

メトリクス関連


=============================================================
= Welcome to the AWS CloudWatch Agent Configuration Manager =
=============================================================
# OSを選択します。
On which OS are you planning to use the agent?
1. linux
2. windows
3. darwin
default choice: [2]:

# 環境を選択します。
Trying to fetch the default region based on ec2 metadata...
Are you using EC2 or On-Premises hosts?
1. EC2
2. On-Premises
default choice: [2]:

# StatsDの使用を選択します。https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/CloudWatch-Agent-custom-metrics-statsd.html
Please make sure the credentials and region set correctly on your hosts.
Refer to http://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-chap-getting-started.html
Do you want to turn on StatsD daemon?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# StatsDのポートを指定します。
Which port do you want StatsD daemon to listen to?
default choice: [8125]

# StatsDの収集間隔を選択します。
What is the collect interval for StatsD daemon?
1. 10s
2. 30s
3. 60s
default choice: [1]:

# StatsDのメトリクス間隔を選択します。
What is the aggregation interval for metrics collected by StatsD daemon?
1. Do not aggregate
2. 10s
3. 30s
4. 60s
default choice: [4]:

# メトリクス収集にCollectDを利用するか選択します。
Do you want to monitor metrics from CollectD?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# CPUやメモリのメトリクスを収集するか選択します。
Do you want to monitor any host metrics? e.g. CPU, memory, etc.
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# コアあたりのCPUを監視するか選択します。
Do you want to monitor cpu metrics per core? Additional CloudWatch charges may apply.
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# メトリクスの取得間隔を選択します。
Would you like to collect your metrics at high resolution (sub-minute resolution)? This enables sub-minute resolution for all metrics, but you can customize for specific metrics in the output json file.
1. 1s
2. 10s
3. 30s
4. 60s
default choice: [4]:

# メトリクスの事前定義されたメトリクスセットを選択します。https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonCloudWatch/latest/monitoring/create-cloudwatch-agent-configuration-file-wizard.html
Which default metrics config do you want?
1. Basic
2. Standard
3. Advanced
4. None
default choice: [1]:

# 上記設定で良いかの確認です。
Are you satisfied with the above config? Note: it can be manually customized after the wizard completes to add additional items.
1. yes
2. no
default choice: [1]:

ログ関連

# モニターするログがあるかの確認です。
Do you want to monitor any log files?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# ファイルパスを指定します。
Log file path:

# ロググループ名を指定します。
Log group name:
default choice: [.]

# ログストリーム名を指定します。
Log stream name:
default choice: [{instance_id}]

# 追加でモニターするログがあるかの確認です。
Do you want to specify any additional log files to monitor?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# モニターするWindowsイベントログがあるかの確認です。
Do you want to monitor any Windows event log?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# Windowsイベントログを指定します。[application]や[security]も指定できます。
Windows event log name:
default choice: [System]

# ULS レベル名の指定です。
Do you want to monitor VERBOSE level events for Windows event log System ?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

Do you want to monitor INFORMATION level events for Windows event log System ?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

Do you want to monitor WARNING level events for Windows event log System ?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

Do you want to monitor ERROR level events for Windows event log System ?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

Do you want to monitor CRITICAL level events for Windows event log System ?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# ロググループ名を指定します。
Log group name:
default choice: [System]

# ログストリーム名を指定します。
Log stream name:
default choice: [{hostname}]

# ログストリームに記録する形式を選択します。
In which format do you want to store windows event to CloudWatch Logs?
1. XML: XML format in Windows Event Viewer
2. Plain Text: Legacy CloudWatch Windows Agent (SSM Plugin) Format
default choice: [1]:

# 追加でモニターするWindowsイベントログがあるかの確認です。
Do you want to specify any additional Windows event log to monitor?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

パラメータストア関連

# /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/config.jsonにコンフィグを保存しました。
Please check the above content of the config.
The config file is also located at config.json.
Edit it manually if needed.

# パラメータストアに保存するかの確認です。
Do you want to store the config in the SSM parameter store?
1. yes
2. no
default choice: [1]:

# パラメータストアに保存するパラメータ名の確認です。※AmazonCloudWatch-XXXX形式で入力してください。
What parameter store name do you want to use to store your config? (Use 'AmazonCloudWatch-' prefix if you use our managed AWS policy)
default choice: [AmazonCloudWatch-windows]

# パラメータストアのリージョンの確認です。
Which region do you want to store the config in the parameter store?
default choice: [ap-northeast-1]

# Credentialの確認です。
Which AWS credential should be used to send json config to parameter store?
1. XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX(From SDK)
2. Other
default choice: [1]:

Aws/Cloudwatch/CloudWatchAgentのインストール-Windows.txt · 最終更新: 2021/03/28 by admin