三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

149

Aws:Cloudwatch:CloudWatchAgentの仕組み

Aws/Cloudwatch/CloudWatchAgentの仕組み

前提

以下の通りディレクトリ名を便宜上、下記の通り命名して説明する。

通称 説明 Windows Linux
InstDir CloudWatchAgentのインストールディレクトリ C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/
ConfDir amazon-cloudwatch-agent.toml作成の元となる
Configが配置されるディレクトリ
C:\ProgramData\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\Configs /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/etc/amazon-cloudwatch-agent.d
TomlDir tomlファイルが配置されるディレクトリ
・amazon-cloudwatch-agent.toml
・common-config.toml
C:\ProgramData\Amazon\AmazonCloudWatchAgent /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/etc/

概要図

理解した仕組み

IAMポリシー

・CloudWatchAgentServerPolicy:CloudWatchメトリクスとログに書き込む権限、監視中は付けておく
・CloudWatchAgentAdminPolicy:上記に加えてパラメータストアに書き込む権限、初回設定後は外しても良い

CloudWatchAgent

InstDir

Config

wizardで作成するファイル、fetchで指定するとConfDirに[file_config.json]として配置される

amazon-cloudwatch-agent

CloudWatchAgentの実行ファイル

ConfDir

file_config.json

InstDirの[Config]ファイルから変換/配置される

ssm_agent-config-xxxx.json

ssmパラメータから取得した際に配置される

default

上記2つの何れも配置されてない場合に作成される

TomlDir

common-config.toml

資格情報のプロファイルや、Credentialのファイルパスを記載する
[default]プロファイル or ロールのアタッチなら、[common-config.toml]に記載の必要なし、[default]でも、.aws/Credentialが下記にない場合は記載する必要あり
・Windows:C:\Users\Administrator\
・Linux:/root/
※credential指定:パスの\は2つずつ

amazon-cloudwatch-agent.toml

CloudWatchAgentが実行時に読込むファイル

コメント

コメントを入力:
V U D P F
 
Aws/Cloudwatch/CloudWatchAgentの仕組み.txt · 最終更新: 2021/08/25 by admin