三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


OriginalTools:Excel:WbsTool-Manual

WBS作成ツール-マニュアル

WBS作成ツールのマニュアルです。

基本操作


①表示期間指定エリアに日付を入力します。
セルをダブルクリックすると、カレンダーから入力できます。

②WBSの項目を入力します。
項目は最大7階層まで入力可能です。
※項番は自動で採番されるので、手入力不要です。

③予定開始日/終了日を入力します。
※日数は自動で計算されるので、手入力不要です。

④担当(会社名/個人名など)を入力します。
S列の色は予定、T列の色は実績シェイプの色になります。

⑤ガントチャートをクリックします。ツールバーは[Ctrl+O]で表示
自動計算の項目が更新され、オブジェクトが表示されます。
※表示オプションにより、ガント、マイルストン、マスケが表示

画面説明

表示期間指定エリア

・開始:WBS表示枠の開始日を指定します。
・終了:WBS表示枠の終了日を指定します。
・基準日:WBS線表を描画する基準日を指定します。

WBS情報入力エリア

入力方式 必須/任意 説明 備考
項番 B 自動 - 項目の階層に従い、項番が採番されます。
項目 C-I 手動 必須 最大7階層でタスクを入力します。
予定 日数 J 自動 - タスクの予定日数が表示されます。 カレンダー入力対応
項目が階層となっている場合は、サブ項目の最小値が自動で入力されます。
開始 K 一部自動 必須 タスクの予定開始日を入力します。 日数は土日祝などを除く営業日で計算
終了 L 一部自動 必須 タスクの予定終了日を入力します。 カレンダー入力対応
項目が階層となっている場合は、サブ項目の最大値が自動で入力されます。
実績 開始 M 手動 任意 タスクの実績開始日を入力します。 カレンダー入力対応
実績の開始/終了が入力されると状態は完了となります。
終了 N 手動 任意 タスクの実績終了日を入力します。 カレンダー入力対応
実績の開始/終了が入力されると状態は完了となります。
先行遅れ O 自動 - イナズマ線用処理用の内部項目 表示する必要が無いので非表示にしましょう。
進捗率 P 一部自動 進捗率を入力します。 内部処理用なので非表示を推奨
進捗
(頁,KS)
実績 Q 手動 任意 進捗の実績数を入力します。 ・進捗を何分の何形式で入力したい場合に利用します。
 (何ページ作る予定のドキュメントが何ページ完了しました。など)
・本項目はAVERGE関数を入力する処理より優先されるため
 進捗率を手動調整したい場合に利用します。
予定 R 手動 任意 進捗の予定数を入力します。
担当 S-T 手動 任意 担当の組織や名前を入力します。 P列は予定、Q列は実績シェイプの色になります。
P列を「<工程>」とすると、実績に値があっても実績のシェイプは描画されません。
状態 U 自動 - 基準日を基準としたタスクの状態が表示されます。 先行、実行中、あと〇日、完了、入力誤りといった状態があります。
予備 V-X 手動 任意 予備なので備考など記載します。

ツールバー

・ツールバー表示
[Ctrl+O]でツールバーを表示します。

・ツールバー項目説明

項目 説明 備考
描画アクション ガントチャート 表示期間指定エリアの[開始]-[終了]の期間でガント/マイルストーン/マスケを描画します。 ステータス表示エリアに進行状況が表示されます。
マイルストン 「マイスケ」シートの内容でマイルストーンを描画します。
マスタスケジュール 「マイスケ」シートの内容でマスタースケジュールを描画します。
進捗率リセット ガントチャートの進捗率を全て0%にします。 新規プロジェクトの時に心機一転綺麗に
提示ファイル作成 本ツールと同じディレクトリに「xlsx」形式のファイルで保存します。
日付操作 «□» 選択したセルの日付を、□に入力した日数分「«」で日付を戻し「»」で日付を進めます。
※日付のセルのみ実行されるので、F~H列を選択するとF列、H列のみ変更されます。
セルは複数選択可能
休日考慮 「«□»」のオプション。
チェックあり:休日を含まない日数分、日付をずらします。
チェックなし:休日を含んだ日数分、日付をずらします。
セル調整 セル幅 表示期間のセル幅です。 ピクセルで指定
分割 月間表示の分割数です。 日間表示では入力しても無効
表示オプション 日間表示 チェックして「ガントチャート」をクリックすると1日単位のWBSが作成されます。
月間表示 チェックして「ガントチャート」をクリックすると月単位のWBSが作成されます。
折畳み表示 チェックして「ガントチャート」をクリックすると項目のレベルによってグループ化されます。
表示基準線 チェックして「ガントチャート」をクリックすると表示基準日に赤色の直線が描画されます。
イナズマ線 チェックして「ガントチャート」をクリックすると表示基準日を基準にイナズマ線が描画されます。
WBS表示 チェックを外すと「ガントチャート」をクリックしてもカレンダー/オブジェクトエリアが表示されません。
進捗率考慮 「状態」の日数とイナズマ線が進捗率の影響を受けます。
マイルストン マイルストーン機能を利用する際にチェックします。
マスタスケジュール マスタースケジュール機能を利用する際にチェックします。
状態簡易 「状態」と「予定日数」が休日を考慮しない簡易的な更新となります。 最終更新する際はチェックを外します。

ステータス表示エリア

以下のステータスがあり、最終処理が完了したらWBS/マイルストーンの描画が完了します。
ツールバーの[マイルストン]をチェックした場合は、マイルストーン処理のみ実行されます。
・マイルストーン処理〇〇%進行中です。
・マスタースケジュール処理〇〇%進行中です。
・予定処理〇〇%進行中です。
・実績処理〇〇%進行中です。
・状態処理〇〇%進行中です。
・最終処理〇〇%進行中です。

オプション

項目 説明 備考
特別出勤日 土日祝日を出勤日扱いとしたい場合に日付を指定します。 特別休日と重複はできません。
特別休日 平日を休日扱いとしたい場合に日付を指定します。 特別出勤日と重複はできません。
表示基準線 表示基準線のON、OFF設定です。
イナズマ線 イナズマ線のON、OFF設定です。
表示形式 表示形式設定です。
日間表示 セル幅 カレンダーエリアの1日ごとの行幅を指定します。
月間表示 セル幅 セル幅でカレンダーエリアの分割したセル幅を指定します。
分割 1カ月単位の分割数を指定します。
マイルストン 描画 マイルストンのみ更新のON、OFF設定です。 ON=マイルストンのみ更新する
OFF=WBS/マイルストン両方更新する
サイズ マイルストンのシェイプサイズです。
マスケ マスタースケジュールのON、OFF設定です。
進捗率リセット 進捗率リセットのON、OFF設定です。 ON=WBSシートの進捗率を0%にします。
WBS表示 WBS表示のON、OFF設定です。 OFF=カレンダー/オブジェクト表示しません。
工程 工程表示とする文字列を指定します。
進捗率考慮 進捗率考慮のON、OFF設定です。 ON=状態とイナズマ線が進捗率の影響を受けます。
状態簡易 状態簡易のON、OFF設定です。 ON=更新が高速化しますが、休日を考慮しません。
予定 工程図 パターン、形状、サイズを指定します。
サンプルにWBSに表示されるシェイプイメージが表示されます。
パターンのサンプルは、下部のリストで確認できます。
棒線図
丸印図
実績 工程図 パターン、形状、サイズを指定します。
サンプルにWBSに表示されるシェイプイメージが表示されます。
パターンのサンプルは、下部のリストで確認できます。
棒線図
丸印図
メモリ開放 設定 機能を廃止しました。 機能を廃止しました。
パス 機能を廃止しました。 機能を廃止しました。
グループ化 設定 グループ化のON、OFF設定です。
レベル グループ化のレベルを設定します。

マイスケ

マイルストン

WBSシートのマイルストーン枠は、自動で行の追加/削除はされません。
利用有無に従って、マスタースケジュール含む項番の最大値を手動で追加/削除する必要があります。

説明 備考
項番 項番の最大値=マイルストーン枠の行数になります。
項番は重複しても問題ありません。(重複するものと考えてください)
マイルストーン枠から、番号と一致する行にオブジェクトが表示されます。
マイルストーン枠の1行目=項番1
マイルストーン枠の2行目=項番2
日付 マイルストーンオブジェクトが表示される日付です。
大項目 WBSシートの項目に入ります。 項番が同一の場合は、一番下の大項目が優先されます。
中項目 マイルストーン1つずつの項目になります。
オブジェクト表示 マイルストーンオブジェクトのテキストになります。 中項目+日付のように関数を利用する場合を考慮しています。
マイルストーンオブジェクトとテキストの色になります。
調整 マイルストーンオブジェクトの上下位置を調整します。
マスタースケジュール

WBSシートのマスタースケジュール枠は、自動で行の追加/削除はされません。
利用有無に従って、マイルストーン含む項番の最大値を手動で追加/削除する必要があります。

説明 備考
項番 項番の最大値=マスタースケジュール枠の行数になります。
項番は重複しても問題ありません。(重複するものと考えてください)
マスタースケジュール枠から、番号と一致する行にオブジェクトが表示されます。
マスタースケジュール枠の1行目=項番1
マスタースケジュール枠の2行目=項番2
開始日 マスタースケジュールオブジェクトが表示される開始日です。
終了日 マスタースケジュールオブジェクトが表示される終了日です。
大項目 WBSシートの項目に入ります。 項番が同一の場合は、一番下の大項目が優先されます。
中項目 マスタースケジュール1つずつの項目になります。
オブジェクト表示 マスタースケジュールオブジェクトのテキストになります。 中項目+日付のように関数を利用する場合を考慮しています。
マスタースケジュールオブジェクトとテキストの色になります。
サイズ マスタースケジュールオブジェクトの縦幅になります。
調整 マスタースケジュールオブジェクトの上下位置を調整します。

### FAQ

[Ctrl+O]を押してもツールバーが表示されません。

下記の表示が出て、マクロが無効となっていると思われます。
「コンテンツの有効化」をクリックし、再度[Ctrl+O]を押してください。

オートシェイプを挿入してコメントを入れましたが、再描画で消えてしまいます。

WBS/マイルストーンそれぞれで下記のシェイプが削除→再描画されます。
手動で挿入したシェイプを残したい場合は、下記のシェイプ以外を指定します。
・マイルストーン:抜き出し、処理
・WBS:四角形、二等辺三角形、楕円、五方向、フリーフォーム、直線

項目に階層がある場合、進捗率にAVERAGEが自動で入りますが手動で調整可能ですか。

「進捗(頁,KS)」(Q-R列)列に数値を入れることで手動で調整可能です。
Nが分子、Oが分母になるので、例えば30%の進捗率としたい場合は、Q列=3、R列=10と入力します。

進捗率が100%でも状態が完了になりません。

実績が未入力と思われます。
実績の開始/終了に日付を入力することで、状態は完了になります。

マスタースケジュールを複数行に跨ってオブジェクトを表示したいです。

サイズを複数行に跨るサイズとすることで、下の行にはみ出すことが可能です。

複数行に跨ったマスタースケジュールオブジェクトを最前面にしたいです。

設定は上から順に処理されるので、項番1、項番2、項番1の順に定義すると、最後の項番が最前面で表示されます。
※項番は下に行くにつれて番号が大きくなる必要は無いです。

予定開始/終了と進捗アベレージを自動計算としたくないです。

実は・・・A列が空じゃないと自動計算じゃなくなります。

コメント

コメントを入力:
C W᠎ H᠎ O S
 
OriginalTools/Excel/WbsTool-Manual.txt · 最終更新: 2022/08/16 by admin