三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
本日の人気ページ

昨日の人気ページ

5

Aws:Glue:AccessToDataCatalog

90.データカタログへのアクセス権限

Glueのデータカタログ(データベース/テーブル)はAthenaで分析可能です。
サンプルになりますが、以下のようにIAMポリシーでアクセス権を制御できます。

※なお・・・AthenaでCREATE TABLEをするとGlueにデータベースができるそうです。(知らなかった)
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/athena/latest/ug/tables-location-format.html

サンプルIAMポリシー

指定したデータベース/テーブルのみアクセス可能とする

下記は、Athenaの他にデータカタログとなるGlueのデータベースとテーブルを指定して許可するポリシーになります。
この他にデータカタログのソースへのアクセスも必要そうで、データソースがS3バケットの場合は、対象のS3バケットへのアクセス権も付与することでAthenaから分析可能になります。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "Athena:*"
            ],
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Sid": "",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "glue:*"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:glue:[リージョン]:[アカウントID]:catalog",
                "arn:aws:glue:[リージョン]:[アカウントID]:database/[データベース名]",
                "arn:aws:glue:[リージョン]:[アカウントID]:table/[データベース名]/*"
            ]
        }
    ]
}

指定したデータベース指定でアクセス拒否する場合

下記は、Glueのデータベースとテーブルを指定して拒否するポリシーになります。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "",
            "Effect": "Deny",
            "Action": [
                "glue:*"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:glue:[リージョン]:[アカウントID]:database/[データベース名]"
            ]
        }
    ]
}

Aws/Glue/AccessToDataCatalog.txt · 最終更新: 2022/05/26 by 管理者

    告知 2022/05/27 日本語URLが不評なので全ページ修正しました、リンク切れはツリーを辿ってください。