三歩あるけば物も忘れる

私メタボックル!お腹のお肉の妖精さ!

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

  
人気ページTOP10

131

Aws:SystemsManager:RunCommand-AmazonCloudWatch-ManageAgent

Aws/SystemsManager/RunCommand-AmazonCloudWatch-ManageAgent

CloudWatch-Agentを操作できるRunCommand
細かな動作は確認中ですが、ssmパラメータストアから連携したい場合、[amazon-cloudwatch-agent.toml]を再作成して欲しいので下記の指定が良さそう。
・Action:Configure
・Mode:環境に合わせて
・Optional Configuration Source:ssm
・Optional Configuration Location:パラメータストアのパラメータ名
・Optional Restart:yes

下記2つはよくわからんが悪さもしない
・Optional Open Telemetry Collector Configuration Source
・Optional Open Telemetry Collector Configuration Location

前提

以下の通りディレクトリ名を勝手に命名して説明する。

通称 説明 Windows Linux
InstDir CloudWatchAgentのインストールディレクトリ C:\Program Files\Amazon\AmazonCloudWatchAgent /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/bin/
ConfDir amazon-cloudwatch-agent.toml作成の元となる
Configが配置されるディレクトリ
C:\ProgramData\Amazon\AmazonCloudWatchAgent\Configs /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/etc/amazon-cloudwatch-agent.d
TomlDir tomlファイルが配置されるディレクトリ
・amazon-cloudwatch-agent.toml
・common-config.toml
C:\ProgramData\Amazon\AmazonCloudWatchAgent /opt/aws/amazon-cloudwatch-agent/etc/

コマンドのパラメータ

■Action

説明
パラメータ Optional Restart がNoの場合 Optional Restart がYesの場合
Configure [ConfDir]にRunCommandで指定したConfigファイルを作成する。
[ConfDir]のConfigファイルから[TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]を再作成する。
左記の動作に加えて、CloudWatchAgentを実行する。
Configure(append) [ConfDir]に既存Configファイルを残し、RunCommandで指定したConfigファイルを追加作成する。
既存ConfigファイルがRunCommandで指定するConfigファイルと同名の場合は上書きする。
[ConfDir]のConfigファイルから[TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]を再作成する。
[TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]を再作成してCloudWatchAgentを実行する
Configure(remove) [ConfDir]のRunCommandで指定したConfigファイルをConfigファイル削除する。
「Optional Configuration Source」がALL:全て、ssmとdefaultは指定できる。
[ConfDir]に[default]ファイルを作成する。
[ConfDir]のConfigファイルから[TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]を再作成してCloudWatchAgentを実行する。
start [TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]でCloudWatchAgentを実行する。
上記ファイルが無い場合[ConfDir]に[default]ファイルを作成し、[TomlDir]の[amazon-cloudwatch-agent.toml]を作成する。
左記の動作に加えて、CloudWatchAgentを実行する。
status CloudWatchAgentのステータスを表示 左記の動作に加えて、CloudWatchAgentを実行する。
stop CloudWatchAgentを停止する 何もしない

■Mode ※不足項目は別途調査する、取得できるパラメータの違い?

パラメータ 説明 備考
ec2 EC2インスタンスではこちらを選択、メタデータから何か拾ってくるっぽい 恐らくホスト名、リージョンを取得
onPremise onPremiseではこちらを選択、ローカルファイルから何か拾ってくるっぽい 恐らくホスト名、リージョンを取得
auto EC2かonPremiseか良しなにやってくれる

■Optional Configuration Source ※不足項目は別途調査する、ソースの指定だが

パラメータ 説明 備考
default defaultコンフィグを利用する際に選択
ssm パラメータストアを指定する際に選択
all Configure(remove)でConfDir配下のファイルを削除する際に選択

■Optional Configuration Location

ケース 説明 備考
Sourceがdefaultの場合 指定しない
Sourceがssmの場合 パラメータストアのパラメータ名を指定する
Sourceがallの場合 指定しない

■Optional Open Telemetry Collector Configuration Source
わからん

■Optional Open Telemetry Collector Configuration Location
わからん

■Optional Restart

パラメータ 説明 備考
Yes CloudWatchAgentを再起動(停止/起動)する Actionがstopの時は無効
No CloudWatchAgentを再起動(停止/起動)しない

ターゲット

以下のターゲットから選択する
・タグ指定
・インスタンス指定
・リソースグループ指定

その他のパラメータ

レート制御

出力オプション

SNS 通知

Aws/SystemsManager/RunCommand-AmazonCloudWatch-ManageAgent.txt · 最終更新: 2021/03/07 by admin